• ホーム
  • ドメインの期限切れに気をつけろ!更新料の払い忘れに注意!

ドメインの期限切れに気をつけろ!更新料の払い忘れに注意!

ドメインは人が住んでいる家のような住所があり、1文字間違えることで全く違う住所になってしまいます。これによりサイトが表示されないことはもちろん、人間のような融通が利かないコンピュータなので間違いは厳禁となります。わかりやすく言えばインターネット上の住所と言われるものですが、存在しているコンピュータやネットワークを識別するために必要な名前とも言います。
これには期限があり定期的に更新をしていく必要があります。ありがちなのは更新である支払い手続きを忘れることにより、必然的に更新料の払い忘れになります。ここでドロップキャッチとなったものが、他の誰かのものになってしまう可能性が高いです。特にありがちなのはとても珍しい名前で誰もが欲しがっているドメインは、このようなドロップキャッチができる瞬間が狙われています。支払い手続きを済ませることで復活日数も決まるので、これからも同様のドメインを使うことができます。維持費がかかりますが、初心者は特にドメインの期限切れが問題です。
支払い忘れになりやすいので、アラーム設定を行うか常に確認をしておく必要があります。期限切れになるとブログページなどでドメインを使用している場合、ホームページ自体を公開することができなくなります。ドメイン名が長ければタイプミスをしやすいですし、覚えにくいので人気がないです。
サイトに来るユーザーはリンクを頼りにして来ることが多いので、長さを気にすることがないです。サイトを運営している中で復活日数はとても大切で、アフィリエイトを行なっているときはその間報酬が発生しないことになります。サイトの運営者にとっては更新料として維持費がかかりますが、確認を怠らないようにします。サブドメインだけ使用しているサーバーが移転をするときには、とてもややこしい手続きが増えるので問題にあります。
新規ドメインを取得するときは気になる部分ですが、初心者であれば特にわかりづらい部分で忘れてしまいがちになります。新規ドメイン登録が1円からというやすい謳い文句のものもありますが、サイトを運営していない人でも間違えやすいです。大体の場合は1年目の更新料に適用されて、2年目からは通常の更新料で取り扱いされるようになるので、しっかりと利用規約を確認した上で登録する必要があります。
相場を知っておくことで、不要なリスクを避けることができ安全にサイト運営ができます。