• ホーム
  • ドメインを売るにはどうすればいい?

ドメインを売るにはどうすればいい?

ドメインを販売したいときは、直接取引を行う方法もありますが、一般的には買取業者に依頼することが多いです。買取業者はドメインネーム.jpやムームードメインがありますが、オークション形式で取り扱いを行なっています。サイトを閉鎖するなどで所持していたドメインが不要になったときは、ドメインの所有権を破棄するよりも高値で売却できるケースがあります。
特にアクセス数が多いサイトで使用していたドメインで、情報量もしっかりあるサイトであれば価値があるドメインとして取り扱われます。ドメインネーム.jpやムームードメインはドメインの売却をするときには有益なサイトで、あらかじめドメインにある価値をツールを使って調べておくことで相場を知ることが可能です。買取相場は100円から10万円にもなるので、慎重に行います。直接取引は個人的な売買が多く、トラブルの元になるので多少手数料を取られても、買取業者を通しておいた方が安心です。査定はあらかじめツールで行っておき、買取業者に依頼したときには本格的に査定をしてもらうことができます。
相場を知っておくことで損をすることがありませんし、オークションに出品する形でドメイン販売をするときは、かなり高値で買い取られるケースもあります。使わないドメインはオークションへ出品することで、人気のある価値高いものであれば高額で売却できます。長期にわたって運用していることで付加価値をつけることが可能で、それは大きな資産になる可能性も秘めています。買取の相場は一般的には100円からですが、高くて10万円の可能性もありオークションへ出品すればそれ以上の価格になる可能性もあります。
買取価格の基準はサイトの運用期間やその情報量、アクセス数などが豊富でSEO対策にも有利になっているサイトが上位になります。運用期間は長い方が価値がありますが、ユーザーからの一定の信頼を得ていることが前提です。長期間一定のレベルで運用できることは、ユーザーが安定して流入しているからという意味合いもあります。
逆に更新頻度が低くて、情報量も低ければ必然的にアクセス数もほぼない可能性があり、買取価格はやすくなります。売却する前には、サイトで価値を計測することも可能でその価値は高値がつくことが多いです。万が一ドメインの売却をしたい場合は、初めに売りたいものの価値を調べておくことで間違えることなく高額で売却を進めることが可能になります。