• ホーム
  • 中古ドメインを使ったサテライトサイトは有効?

中古ドメインを使ったサテライトサイトは有効?

SEO対策をとるにはコンテンツの質が重要と言われていますが、どれかに偏りすぎるとさらに評価が変わってきます。ドメインエイジは過去に使われていた、中古ドメインの運用歴の長さですがバックリンクとして、付加価値がついているとさらに価値が上がります。
代表的な施策といえばサテライトサイトを作ることで、リンクを集める手法です。中古ドメインを利用しながら、SEO効果が高いサテライトサイトを制作する指標になります。バックリンクはメインサイトにリンクを貼る役割だけではなく、大量にサテライトサイトを作成してリンクを集めるという方法もあります。計画的に作成して行くのであれば、有効活用したいところですがリンクを集める以外ではサテライトサイトにも他の使い道が必要です。高品質な被リンクとして大切なことは、サテライト本体に価値を持たすことになります。
中古ドメインには基本的に色々な資産があるのですが、サテライトサイトではドメインを使うことで、付加価値をつけることが有効です。サイトの質を上げることは、コンテンツにも力を入れることに通じるものがあります。特性を生かしながら、長期間運用しているドメインであればたくさんの被リンクがついているので、高い評価を得ている可能性が高いです。サテライトに適しているドメインを使うことで、リスクやリンクジュースはメインサイトに強くなるので流し込みの方法で対応することができます。
時間や手間をかけることなくメインサイトの検索順位を上げることができ、即効性のある要求があります。サテライトサイトには中古ドメインの利用が適しているといえますが、使用するかどうかは管理者の意思で決まります。サテライトを作成する時は、明確な目的を持って計画的に使っていきます。上位表示に対してすぐに結果を出したい場合は、基本的にうまく行くとは限りません。自分のサイトの状態を把握することで、計画性を持つこともできます。ドメインエイジも大切ですが、自分のサイトにどのくらいのコンテンツがあるかも把握します。
ユーザー層やどのような形でサイトを訪れているのかも、サテライトサイトへの指標となります。サイトがリリースされる直後から、被リンク対策することは少し早いかもしれません。メインサイトに向かうためには別の入り口としての利用価値があり、被リンク用のサイトを検討します。リスクをとる前にサテライトサイトを構築することで、さらに使いやすいコンテンツを作ることができます。