• ホーム
  • 中古ドメイン選定に欠かせない有料ツールとは?

中古ドメイン選定に欠かせない有料ツールとは?

中古ドメインの見つけかたは様々ですが、Internet Archiveなどの有料ツールを使うことで、効果的に調査することができます。実際にはウェブサイトで検索しても選定方法や調査方法はあまりわからないことが多く、中古ドメイン販売店で購入することで手動ペナルティがあっても保証をしてくれます。
しかし、値段が高いことがデメリットで、資金がない管理人はたくさんのドメインを購入することができません。しかも価格が高くても効果があるとは確証されていないことがポイントで、良い中古ドメインである確率が高いということで売り出されています。Internet Archiveは自分で探して、選定をするツールとして有名ですが、MajesticやAhrefsも例外ではありません。中古ドメインは運用履歴などが大切で、これを利用するための一番の目的でもあります。スコアが高いものがよく、ツールと使うことで簡単にスコアをチェックすることができます。
その規模は様々ですが有料ツールの方が確実性があり、Mozなどの心配をする必要がありません。中古ドメインは無数に存在しているので、どれが良いのかは機械的に判断して行く方が有利です。中古ドメインを購入するための資金を持っていたら、有料ツールを使用した方がお得になります。時間を有効に使うことができるので、その時間を使ってコンテンツを充実させることができます。規模は違いますがMajesticやAhrefsで運用履歴を調べることができますが、ブラックSEOを行なっている人はリスクが高くなります。
副業として稼いでいる人はあまり大きな公表はしていないことが特徴で、Mozでの選定のノウハウは独自に積み上げられているものと言えます。中古ドメインを選定するときは、SEO対策の外注をすることもありますが、もっと効率的な方法もあります。また、運用履歴が長いほど質の良いドメインということで評価をされますは、長くサイトを運用できるということは、それだけ支持しているユーザーがついていたこともあります。このようなドメインは価値が高く、選定でも上位に表示される傾向にありそれを取得すると、新規のサイトでありながら検索上位表示を実行することができます。
新規ドメインで行うと、運用履歴は全くついていないので検索結果に表示されることがありません。この部分は良質なコンテンツでユーザーへ有益になるものを、コンスタントにあげて行くことで事前と検索結果に表示されるようになります。